menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  2. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  3. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  4. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  5. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  6. データの分析に必要な尺度水準について
  7. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
  8. 新任の薬剤師が患者さんに保険の仕組みを説明できるために知ってほしいこと…
  9. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント
  10. リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

カテゴリー:統計について

統計の基礎部分では、度数分布や平均値・分散・相関など、データそのものの特徴を調査する記述統計について触れられています。この記述統計はその後の推定や検定をするための下準備と思われがちですが、実際はもう一つ重要な意味が隠されています。…

医療に携わる職種として、論文とかメーカーの出すデータを読むために、統計とか疫学の知識は必要だと思います。論文にも信頼性のランクがありますし、メーカーの持ってくる資料はいいことばっかり書いてあるフシがあるので、そのあたりをどう解釈するのか…

調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る