閉じる
閉じる
閉じる
  1. 用量反応曲線の意味と薬の安全性について
  2. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い方
  3. 代表値の意味と統計ソフト【R】で代表値を求める方法
  4. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  5. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  6. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  7. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  8. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  9. データの分析に必要な尺度水準について
  10. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

カテゴリー:薬理学

薬の作用と安全性を考えるときには用量反応曲線やED50・LD50と言った考え方を理解する必要があります。今回はそのあたりの話を図解してみました。用量反応曲線とは薬は体内での量が増えるほど作用を現したり、有害な作用が現れる割合が増…

先日、私の勤務する薬局で起こったインタールによる下痢の事例です。医師の処方通りで添付文書に沿った内容の薬を、ただ取り揃えて渡すだけが薬局の業務ではないことを考えさせられる事例でした。また内容を考えると医療事故・過誤に分類されてもおか…

カテコールアミンとはカテコール基という構造が含まれている、生理活性アミンの総称で、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあります。カテコール基と、アミノ基(-NH2,-NH-)の構造があって、体内で何らかの生理的な反応をする物質が…

メトトレキサート(リウマトレックス)は体内で葉酸の働きを邪魔することで、暴走した免疫を調節し、関節リウマチなどの自己免疫性疾患の治療に使われます。青汁やサプリなどとの相互作用が結構問題になるので、体内での葉酸の働きとメトトレキサート…

調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。
もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る