menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  2. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  3. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  4. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  5. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  6. データの分析に必要な尺度水準について
  7. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
  8. 新任の薬剤師が患者さんに保険の仕組みを説明できるために知ってほしいこと…
  9. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント
  10. リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

これだけは辞めた方がいいと思う風邪薬の選び方

店頭で接客すると「風邪の引き始めだから早めに総合感冒薬を飲む」という習慣がある人が結構多い気がします。

自分が薬剤師だから分かるのかもしれませんが、風邪薬は風邪を治しません。

なので「早めのパブ○ン」というCMは消費者に対する詐欺なのでは?と思ったこともあります。

それでも、症状が辛くてなかなか休養が取れない時などにはとても役に立つのが風邪薬です。

今回はそんな風邪薬を上手に選ぶためにどうすればいいかを書いていきます。

 

風邪薬は本当に必要?

私が風邪薬を選ぶときは、そもそも風邪薬が必要かどうかということから考えます。

「ちょっと喉がピリピリしてきたから風邪を引きそう。
早めに飲んで早く治したい。」

と言う人には基本的に風邪薬を勧めることはありません。

1日数回イソジンのようなうがい薬を使えるのであれば、うがい薬を勧めますし、うがいがダメなら消毒剤が入ったのどスプレーを勧めます。

薬用ドロップのようなものも消毒剤が入っているので、勧めることがあります。

市販されている風邪薬は症状を抑えるだけで、原因となっているウイルスなどを除去する成分は入っていません。

そのため、喉の違和感程度で風邪薬を飲んでも、期待するほど効果がありません。

もし、早めに飲むと早く治ることが多いと感じているのであれば、それは自然治癒したタイミングと薬を飲み始めたタイミングが重なっただけかと思います。

つまり「気のせい」です。

喉がイガイガする程度なら、うがい薬でしっかり殺菌消毒してあげる方が、「気のせい」よりもはるかに効果は期待できます。

どんなとき風邪薬を勧めるか

風邪薬は確かに治すためには不向きなのですが、休養を取りたい人やどうしても休めない人にとっては強力な味方です。

基本的に、発熱がある・喉の痛みが強い・むせ返るような咳が出るなどの、辛い風邪を早く治す方法は休養を取って、体力を回復させる事が重要です。

風邪をひくときは大抵、疲れが溜まっていて生体防御が正常に働いていないときなので、休養を取ると一気に回復することもあります。

ただ、症状がひど過ぎて、なかなか眠れなかったり、熱で食欲がなくなったりしている人には風邪薬を勧めます。

体力回復させようとしているのに、熱でうなされて余計に疲れてしまってはどうにもなりません。

なので、ゆっくり休めるのであれば、風邪薬を飲んで、横になって、適度に水分補給をしながら休養するように伝えます。

休養することができないくらい多忙な人にとっては、このアドバイスが無意味になることがあります。

症状を抑えたら楽になって、どんどん仕事をして、家に帰る頃にはまた熱が出て辛い。

…なんてことはよくあるみたいです。

できれば休んでもらいたいのですが、そうも言ってられない人もいます。

こういう場合は、風邪薬にプラスしてノンカフェインの滋養強壮剤を飲むように勧めます。

特に寝る前に飲むと翌日のだるさが消えていたりすることがあるので、忙しい人には本当にオススメです。

具体的には何を飲めばいいか

症状がひどいときや、どうしても休めないときは、自分ならこの組み合わせで飲みます。

【指定第2類医薬品】ルルアタックEX 24錠

全薬工業 リコリス 20m×3本 [ヘルスケア&ケア用品]

 

ルルアタックEXはイブプロフェンが熱と喉の痛みに、トラネキサム酸が喉の痛みに補助的に、ブロムヘキシンが咳を抑えて、クレマスチンが鼻水・咳を抑えるという、4種類のシンプルな処方でしっかり効果が期待できます。

リコリスは簡単に説明すると、ユンケルのノンカフェイン版といったところです。

成分は異なりますが、体に栄養補給をして、胃腸の働きを良くしたり、滋養強壮の効果が得られます。

あとは眠れるときにしっかり眠るということが重要ですね。

一応記載しておきますが、どちらも大人用です。

15歳未満には服用させてはいけない成分が含まれているので、保護者の方は注意してくださいね。

関連記事

  1. 食中毒を防ぐには?食べ物の殺菌消毒の基本

  2. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント

  3. 風邪薬を選ぶときによくあること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る