menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  2. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  3. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  4. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  5. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  6. データの分析に必要な尺度水準について
  7. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
  8. 新任の薬剤師が患者さんに保険の仕組みを説明できるために知ってほしいこと…
  9. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント
  10. リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

食中毒を防ぐには?食べ物の殺菌消毒の基本

 

梅雨の時期から夏場は気温・湿度が上昇して雑菌やウイルスが繁殖しやすくなります。

繁殖した雑菌やウイルスが体内に入るとお腹を壊したり、吐き気を催したりします。

これがいわゆる食あたり、食中毒と言う状態です。

このように何らかの体調不良が現れる原因となる菌やウイルスをまとめて、病原微生物といいます。

病原微生物が死滅したり、取り除かれることを一般的には消毒と言います。

小さなお子さんがいる家庭では、大人なら口に入れないようなものでも、いつの間にか口に入れてしまったりするので、特に注意が必要です。

食あたり・食中毒のリスクを減らすために、根拠のある消毒法を知って、安心できる生活を送ってほしいと思います。

家庭で日常的にできる消毒法

食品で最も効果的な消毒方法は加熱することです。

実は、ほとんどの菌やウイルスは65℃以上の温度に一定時間さらされると死滅してしまいます。

温度と時間の関係は次の表を見て下さい。

90℃以上 80℃ 70℃ 65℃
1秒以上 1分以上 2分以上 10分以上

 

90℃以上で1秒というと、汁気のある食品であれば沸騰して10秒も経っていればほとんどの病原微生物は死滅していることになるので、加熱は簡単で素人でもわかりやすい消毒方法です。

また、一度冷めた食品中では微生物が繁殖していることがあるので、電子レンジでもいいので、再度加熱することを忘れないようにして下さい。

次に重要なのが、手洗いです。

どんなに加熱した食品でも、菌やウイルスが大量に付着した手で触ってしまえば、またそこから微生物が繁殖してしまいます。

そのために重要なのが調理前や食べる前に手洗いをすることです。

手洗いと言っても、石鹸をつければいいとかそういう問題ではありません。

人の手の中で最も微生物が多いのは爪の間ということを知っている人は多いのですが、最も洗い残しが多いのは親指であることを知っている人は少ないです。

無意識のうちに、手のひらと爪の間を洗って、親指を洗い残している人がたくさんいるということです。

普通に手を洗ったときに親指をどの程度こすったか確認してみてください。

ちょっとした事ですが、日常的にできることは意外に多いものです。

意外と見落とされるのが魚の消毒

魚も他の食品と同じように加熱することで消毒することが出来ますが、刺し身など生で食べることも多い食品です。

刺し身にする魚介類はその多くが、海水魚です。

海水中には腸炎ビブリオ菌という菌が常にいて、魚や貝などに付着しています。

気温とともに海水温度が上昇すると、腸炎ビブリオ菌も他の細菌と同じように繁殖しやすくなります。

当然、生の魚に付着しているので、刺し身など生の状態で一緒に口の中に入り込んでしまい、食あたりの原因になります。

これを防ぐ方法は真水で洗う方法が有効です。

腸炎ビブリオ菌は海水の中で繁殖できるくらい塩分に強い菌です。

その反面、真水には弱いので、水道水などでは生きられないのです。

生魚をさばいた包丁やまな板にも腸炎ビブリオ菌が付着するので、使用したあとは必ず、水道水と洗剤で洗ってから次の調理に取り掛かるようにして下さい。

新鮮な魚介類を刺し身にしているから大丈夫、というわけでもないので注意しましょう。

関連記事

  1. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント

  2. 風邪薬を選ぶときによくあること

  3. これだけは辞めた方がいいと思う風邪薬の選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る