menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  2. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  3. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  4. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  5. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  6. データの分析に必要な尺度水準について
  7. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
  8. 新任の薬剤師が患者さんに保険の仕組みを説明できるために知ってほしいこと…
  9. 薬剤師的、皮膚外用剤(塗り薬)を剤形から選ぶポイント
  10. リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

メトトレキサートと青汁の相性が悪い理由

メトトレキサート(MTX)は関節リウマチなどの自己免疫疾患で頻繁に処方される薬です。

販売名で言うと「リウマトレックス」や「メトトレキセート」があります。

今回はメトトレキサートと食品の相互作用に関して実際にあった事例から少し話をしてみようと思います。

メトトレキサートの効果を弱くする青汁

メトトレキサートを継続服用している患者さんから言われました。

「青汁を飲むと関節がフワフワする感じがする」

この患者さんは関節リウマチでメトトレキサートを服用している患者さんです。

関節がフワフワするというと想像しにくいかと思いますが、風を引いて関節が痛いと感じる前に関節が浮いている感じがこれに近いと思います。

関節で炎症が起こるとこういう症状が初めに出てくるので、この患者さんは関節リウマチの症状が出始めたということです。

関節リウマチでは関節の炎症が継続して起こることで、長い年月をかけて軟骨部分が変形してしまい、可動範囲が狭くなります。

関節の可動範囲が狭くなると生活に支障が出るので、メトトレキサートを使って炎症を抑え、関節を保護するのがこの治療の目的です。

ですが、青汁を飲んでいるとメトトレキサートで抑えていた炎症がぶり返してしまいます。

その理由は、青汁には大量の葉酸が含まれているためです。

メトトレキサートはそもそも、体内での葉酸の働きを抑えることで、免疫を調節して関節の炎症を引き起こさないようにする薬です。

ですが葉酸を多量に摂取すると、メトトレキサートが葉酸の働きを上手く抑えられなくなってしまい、元々の関節の炎症が進行してしまいます。

メトトレキサートを服用中の方は、青汁にかぎらず、葉酸のサプリメントや最近流行りのミドリムシのダイエットサプリなどを利用するのは避けましょう。

葉酸を多く含んでいる健康食品は意外に多いので、不安な方はドラッグストアなどの薬剤師に相談してから利用するほうがいいですね。

関連記事

  1. 薬局で出会う喘息治療の処方例

  2. お酢で疲労回復?健康食品のもろみ酢を検証してみよう

  3. 蕁麻疹に胃薬のガスターを処方する理由とは

  4. 低カロリーでダイエット向き?ライスミルクとは?

  5. 3分間で糖尿病治療の基本をレクチャー

  6. 緑内障患者に抗コリン薬が禁忌な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る