閉じる
閉じる
閉じる
  1. 用量反応曲線の意味と薬の安全性について
  2. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い方
  3. 代表値の意味と統計ソフト【R】で代表値を求める方法
  4. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  5. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  6. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  7. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  8. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  9. データの分析に必要な尺度水準について
  10. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

ナウゼリンOD錠のジェネリックがドンペリドン錠「EMEC」でいい理由

ナウゼリン®は吐き気止めとして現在でもよく使われる薬です。

ナウゼリン®にはジェネリックがあり、ドンペリドン錠として発売されているので、すでにジェネリックの取り扱いとしては浸透している思います。

そんなナウゼリン®ですが、2012年にOD錠が新規に発売となりました。

特許があるので、OD錠とつくジェネリックはまだ発売されていませんが、健康保険法でジェネリックの類似剤形への変更が認められているので、OD錠の処方でも普通錠に変更することが可能です。

しかし、普通錠だとOD錠のように口に入れた瞬間崩壊しないのではないか?と思ってジェネリック変更しない薬剤師の方もいるのではないでしょうか?

そこで、採用すべきジェネリックとしてエルメッドエーザイのドンペリドン錠「EMEC」が挙げられます。

エルメッドエーザイのドンペリドン錠は湿性錠と言って、少量の水分ですぐに崩壊するようにできています。

その為、実際上はOD錠と同じような使用感で服用することができます。

逆に普通錠で処方された患者さんにはちゃんと説明した方がいいと思います。

「口の中で溶けやすいですが、普通の錠剤と同じように水で飲んでください。」と言えばそれほど問題にはならないでしょう。

湿性錠とは?

製剤技術の一つに、原料を湿らせて、それを型にはめて整形した後に乾燥させて製材する方法があります。

この製法を使って作られている錠剤を湿性錠と言います。

乾燥させた段階で水分が含まれていた部分が空洞になり、水分を吸収する隙間が増えることになります。

これによって、口に入れた瞬間にふわっと解けるような錠剤となります。

分類上は普通錠(素錠)と同じ扱いのため、OD錠(口腔内崩壊錠)と必ずしも同等であるというわけではありません。

服用方法も必ず水とともに服用となります。

ただ、嚥下困難の患者にとって見れば、口の中で溶けるのでOD錠と大差はありません。

関連記事

  1. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という…

  2. 蕁麻疹に胃薬のガスターを処方する理由とは

  3. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い…

  4. メトトレキサートと青汁の相性が悪い理由

  5. 薬局で出会う喘息治療の処方例

  6. リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る