menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 用量反応曲線の意味と薬の安全性について
  2. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い方
  3. 代表値の意味と統計ソフト【R】で代表値を求める方法
  4. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  5. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  6. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  7. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  8. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
  9. データの分析に必要な尺度水準について
  10. 統計をゼロから勉強するときの指針みたいなもの
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

リルテック錠の粉砕指示の問題点と対応方法

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療薬、「リルテック」の粉砕指示がでていたので、その問題点と対応方法をメモしておきます。

問題点

リルテック錠はフィルムコーティング錠ですので、粉砕すればコーティングが剥がれて弊害をもたらします。

また遮光性のPTP包装なので、PTPから出したあとの安定性にも注意が必要です。

粉砕時の弊害は主に3つです。

  1. 光によって有効成分であるリルゾールの含有量が低下するおそれがある。
  2. リルゾール自体に局所麻酔作用があり、口腔内でしびれを引き起こす。
  3. 粉砕することによって苦味がでる。

治療効果を考えると、有効成分の含有量低下は重大な問題です。

しかし、メーカー回答では遮光保存すれば5週間は含量低下は認められないとのことなので、処方日数が5週以内であれば、遮光袋に入れることでこの問題は回避できます。

次に、口腔内のしびれと苦味の問題です。

これは患者の感覚的な部分になるので、本人が我慢できれば問題無いです。

ただ、用法を考えると、朝夕食前の分2服用なので、味覚異常など食事に影響が出ることも考えられます。

よく患者さんと話をしておくことが大事です。

合わせて錠剤のままでも服用可能な病状であれば、そのままの服用をおすすめするというのも一つの手段です。

対応方法

自分がこの粉砕指示に出会った時のことを記載しておきます。

まず、処方元の医師に確認を入れました。

「食前投与なので苦味と口腔内のしびれが服薬上問題になることがあるのですが、粉砕してお渡しのほうが良いですか?一応確認なのですが・・・」

のようなかんじで問い合わせをしました。

というのも処方医は神経内科の専門医と思われたので、基本的なことは知っていると思って聞いたほうがいいと思ったためです。

回答は粉砕しても、しなくてもどちらでもOKとのことでした。

どうやらこの患者さんは入院されていたようで、院内では嚥下困難者として粉砕して服用していたのです。

粉砕指示がそのままになって、院外処方にも記載されていたとのことです。

というわけで、患者さんが苦味とかしびれを気にするようなら錠剤での服用をおすすめするという対応になりました。

もちろん、粉を飲むのが大変な方もいるので、そのあたりニーズは聞き取りが必要だと思います。

当薬局では今後のために、このような事例を残して活用していく体制を整えてい行こうと思います。

 

今回の事例のように、初めてのケースではネットでの情報というのが意外に役に立ちます。

こういった処方を普段受付しない薬局さんの参考になればと思います。

関連記事

  1. 薬局で出会う喘息治療の処方例

  2. 緑内障患者さんに聞いておくと良いコト

  3. 緑内障患者に抗コリン薬が禁忌な理由

  4. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い…

  5. 3分間で糖尿病治療の基本をレクチャー

  6. メトトレキサートと青汁の相性が悪い理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。

もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

アーカイブ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る