閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブログ閉鎖と移転先のお知らせ
  2. 散布度の基本とRで散布度を計算する方法
  3. 用量反応曲線の意味と薬の安全性について
  4. インタール細粒10%で起こった下痢の事例からわかる添付文書の使い方
  5. 代表値の意味と統計ソフト【R】で代表値を求める方法
  6. ゾピクロンとエチゾラムが向精神薬に指定されて困ること
  7. 表計算ソフトに置き換えてRのベクトルを理解する
  8. カロナール500mg/1回を12歳の小児に使っていいのか?という話
  9. 度数分布表とヒストグラムってどう使うの?Rで実際にやってみた!
  10. 記述統計とは?どんな目的でデータを整理するのか?
閉じる

とある薬剤師の外部記憶

スポンサードリンク

タグ:最小値

散布度をRで求める方法。 散布度にはいろいろな基準があるが、Rはほとんどすべてを網羅している。

アーカイブ

調剤薬局とドラッグストアで働いている三十路手前の薬剤師です。
もともとは「食いっぱぐれない」という理由だけで薬学部進学を目指しました。
今では自分の知識がそのままお客さん・患者さん・同僚の薬剤師・登録販売者の役に立って感謝されるのが嬉しく、楽しく勉強させてもらってます。

スポンサードリンク


ページ上部へ戻る